読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももの茶話会

2歳の娘の育児&二人目マタニティブログ。

自分のキャパの狭さにうんざりする…。

こんにちは。ももです。

娘は熱は下がりましたが、咳と鼻水でしんどいらしく、機嫌はまた悪くなりました。
昨日まで甘やかせ過ぎたのかもしれません。

そんな娘のワガママに付き合える余裕がなく、ついイライラしてしまう私。


昨日までは早く元気になって、イタズラで困らせてほしいなんて思っていたのに、いざイタズラが再開すると、そんな余裕はぶっ飛びました…。
なんて勝手なんだ…。


娘もこちらの話がかなり理解できるようになってきたので、わざと無視されたりすると腹が立つんですよね。
赤ちゃんのうちは我慢できたことも、わざとやられるとムカついてしまいます。

体も成長して力が強くなってきたので、叩かれたり蹴られたりすると本気で痛いし。
こちらもつい本気で怒ってしまいます。

そのときの娘の表情…。
歯をくいしばって、泣くのを堪えています。

そして反省して、
「ごめん、ママがきつく言い過ぎたね。ごめんね。」
の繰り返しです…。

情けなくて泣けてきます。
もっと余裕をもって子育てがしたいです…。


現状の私は、まるでDV男のような有り様です。
怒鳴り散らしてから、我に返って謝り抱き締める。
本当にこのままじゃマズイです(-_-;)


落ち込んでも仕方ないけど、今更ながら子供ひとりでこんなにいっぱいいっぱいの自分に、もう一人子供が出来たらどうなるのだろう…と、漠然な不安に襲われることもあります。

二人目妊活を始める前にも散々悩みましたが、産んだら産んだでどうにかなるだろう!いや、どうにかするしかない!と開き直りましたが、本当でそれで大丈夫なのかな?と…。

実は二人目妊活では、リセットのたびに心の片隅でほっとしている自分がいます。
こんな状態で不妊治療を続けてもいいのかなぁ…。



こんな感じで、やたら後ろ向きな思考に支配されています。
これも生理前の鬱症状なのかな?
いや、まだ一週間以上先だから早すぎるか…。


だけど心の片隅の反対側では、
「母親の不安なんてみんなそんなもの。余裕のある人なんていないはず。二人目だって、最後は自分で覚悟するしかない!」
と励ましている自分もいます。

自分の中の天使と悪魔の戦いです(-_-;)
悪魔が優勢の時は、どうしても愚痴が多くなってしまいます。

天使ちゃん、もっと頑張ってくれ!
ファイト!
元気玉プリーズ!


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村