読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももの茶話会

34歳専業主婦のももです。2歳の娘の育児&二人目妊活ブログ。

ハイブリット掃除機レビュー

こんばんは。ももです。

楽天スーパーセールでゲットしたハイブリット掃除機、ついに届きました!
さっそく使用してみたので、レビュー記載しようと思います!


今回私が購入したのは、パナソニックのハイブリット掃除機MC-HS700Gです。

三年前に発売されたのですが、後継機は製造されていないため、型遅れ品ではありません。
最新のパナソニック掃除機のカタログにも掲載されている商品です。
しかし現在取り扱われている店舗はかなり限られているようです。

こちらの商品の売りは、なんといってもコード式とコードレスのいいとこ取り!
手軽に掃除したいときはコードレスでさっと、しっかり掃除したいときは、コード式で念入りに。

数年前からコードレスのスティック掃除機を愛用している私が探し求めていた神アイテムです!


しかし、購入に不安がなかったわけではありません。

この掃除機、現在主流の軽量コンパクトタイプの掃除機と比較すると、二倍以上の重さがあります。(電池を含めると6.8kg)
現在妊娠中の私、できれば掃除機は軽い方がありがたい。
しかし現在大手の電気量販店ではこの商品の取り扱いがないため、現物を触って比較することができませんでした。

だけど、それ以上にコードレスの魅力に引かれて、購入を決意しました。
最後まで迷ったコード式の最新モデルと比べて、吸込仕事率が高かったり、運転音が静かなのも魅力でした。
あと、ダストカップの大きさも重要!
最近のコンパクトモデルの掃除機は、ダストカップが小さいため、ごみ捨ての回数が増えてしまいます。
これらの機能を考慮して、我が家はハイブリット掃除機を購入することにしました。


実際に使用してみた感想は、意外に軽い!!!
スティック掃除機は本体を持ち上げながら掃除しないといけませんが、この掃除機は持ち上げるのはホースだけで、重たい本体は引きずるだけなので逆に軽い!
しかも、自走式ヘッドがめちゃめちゃ軽い!
なにもしなくても、勝手に進んでくれます。
これには感動しました(*^^*)

しかも、運転音がすごく静かで驚きました。
でもパワーはすごくて、吸着式のタイルマットが一部剥がれてしまったほどです(笑)
しっかり貼りつけている部分は大丈夫ですが、娘がいたずらで剥がした端の部分は、捲れ上がりました。
それくらい強い吸引力です。
カーペットの髪の毛などもきれいさっぱりなくなりました。

もうひとつ、とっても気になっていたのが、親子ノズルです!
ヘッドのペダルを踏むだけで、簡単にヘッドからノズルを切り離し、隙間掃除が出来ます。
これ、本当に便利すぎ!
使い勝手は最高です!
これなら毎回、冷蔵庫や洗濯機と壁の隙間も掃除できます。

さらにもうひとつ、期待していなかったけど良かった機能が!
エコナビのハウスダスト検知機能です。
ハウスダストを検知すると、赤ランプが点灯してお知らせしてくれます。

正直こういうの、どうでもいいやって思っていました。
でも使ってみると、どこをかけても真っ赤なランプが点りっぱなし(笑)
さすがにこれは嘘でしょう…と思いましたが、一度掃除機をかけたところは、きちんとランプが消えます!
どうやら本当にハウスダストを検知しているようです…。
こうなると、ランプが消えるまで念入りに掃除がしたくなります。
大雑把な私には、非常に便利な機能でした。

今回はバッテリーは充電が必要だったため、コード式で使用しました。
コードに繋いでも、一度コンセントを差し替えるだけで一階の全ての部屋にかけることができたので、手間はあまり感じませんでした。
それより、バッテリーの残量を気にせずに掃除できるのが良かったです。

でもやっぱりコードレスの方がお手軽なので、我が家はコードレスがメインの使用になると思います。
娘は初めて見る掃除機のコードが気になって引っ張ったりしていたので、やはりコードレスにして正解だったと思います。

ちなみにこちらの掃除機、持ち運ぶのは重たいので、階段掃除には向きません!
我が家はこれまで使用していたコードレスのスティック掃除機を階段専用に使用することにしました。
バッテリーは弱ってますが、階段掃除だけならまだ十分使えます。


ということでハイブリット掃除機、我が家にはとっても素晴らしい商品でした!
これが楽天24では15%OFFクーポン使用で、32000円ほどで手に入りました!

発売当初は10万円オーバーの超高級モデルだっただけに、本当に良いお買い物でした(*^^*)
スーパーセール最高♪

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村