ももの茶話会

2歳の娘の育児&二人目マタニティブログ。

二人目を諦めた親友との関わり方に悩む。

こんばんは。ももです。

先日、親友が子供を連れて遊びに来てくれました。

その親友とはお互いの過去の彼氏なども全部把握しており、何でも相談し合える関係です。
結婚式では、友人代表のスピーチをしあいました。

お互い結婚し、彼女に子供が産まれてからは頻繁には会えなくなりましたが、今でも年に数回はお互いの家を行き来し、家族ぐるみのお付き合いをしています。


彼女には小学校一年生の息子がいます。
私が初めて授かった男の子を死産してすぐ、彼女は息子を妊娠し、出産しました。


彼女を含め仲良くしている友人たちはみんな結婚後すぐに子供を授かりました。
そして私が死産したこと、不妊治療をしていることを知っていました。

それでも子供連れで遊ぶ席にもいつも私を仲間はずれにはせず声をかけてくれました。

私はそんな友人たちとの関係が心地よく、必要以上に子供がいないことをひがんだり妬んだりすることはありませんでした。


私が不妊時代に一番辛かったこと。
それは私が不妊で悩んでいることに、過度の反応をされることでした。

職場は同世代の女性が多く、妊娠出産が頻繁にあります。
そんな環境で、辛かったこと。

  • 私にだけは妊娠、出産の報告をしない。
  • 妊娠報告で「すみません」と謝られる。
  • 私が部屋に入った途端、子育てトークが中断する。
  • 事情を知らない人が私に子供の話をしようとすると、慌てて止めに入る。


いずれも、「不妊様」の私を気遣っての事だったのだと思います。
私の態度が周りに気を使わせてしまっただけ。
自業自得だったと思います。

だけど余計なお世話。
もっと普通に接してほしかった…。


たしかに人の妊娠、出産報告を聞くのが辛い時期はありました。
素直に喜べない自分にうんざりもしました。

だけどいつも、表面上は普通に対応する努力はしていました。

それなのに周りに過度に気を使われること、それが一番辛かったです。
自分は一人の女性として、認められていない気分になるのです…。


そんな私の不妊時代、親友の彼女は別の問題で悩んでいました。
そう、私が今まさに直面している「二人目問題」です。


彼女は一人目がすぐに出来たからこそ、周りは遠慮せずに二人目のことを聞いてきます。
彼女は出産後も正社員として働き続け、周りの同僚が次々と二人目、三人目を妊娠するなか、激しいストレスを抱えていました。

夫は仕事が激務でタイミングを取ることは難しく、子作りにも協力的ではありません。
ほしくても作れないストレス。

お互いの状況は違いますが、一人目不妊の私と二人目が作れない彼女。
赤ちゃんがほしい気持ちは同じです。


そんな彼女、最近はもう二人目は諦めたそうです。
夫の仕事の負担を考えると無理は言えない。
お互い忙しく働くなかですれ違いも多く、ほぼ息子と二人暮らしのような状況です。
今さら夫への愛情もないらしく…。

でも私が娘を出産し、彼女の息子が私の娘を可愛がるのを見ると、気持ちが揺らぐ様子でした。
度々「弟か妹がほしい」と言う息子へ、申し訳なさが募るようです。


そんな彼女は職場で二人、三人の子供を育てている同僚が、
「もう大変すぎてやってられない」
と愚痴るのが腹立たしくて仕方ないと言いました。
「だったら産むなよ!」
と…。


そんな彼女に、二人目の不妊治療を始めたことを伝えるか迷いました。
だけど過度な対応は彼女を逆に傷つけると思い、正直に伝えました。

彼女は
「そっかぁ、頑張ってね。」
と言ってくれましたが、これから彼女に二人目の不妊治療の愚痴やもし妊娠した場合のつわりなどの愚痴は、言わない方がいいのかなぁ…と考え込んでしまいました。

今までは何でも話せる関係だっただけに、これなら彼女とどういう風に付き合ったらよいのか悩みます。


彼女が私にしてくれたように、私も過度の気遣いはせず、二人目を授かっても今までと同じように付き合いたい。

でも彼女の息子の気持ちを考えると、複雑です。
彼女以外の仲良しグループの友人は、みんな二人目を出産しています。
グループで集まったときに、一人だけ一人っ子になる彼女の息子は、さらに兄弟が欲しい気持ちが強くなるのではないか?

考えても答えは出ません…。


きっと、一人目不妊だった私に対しても、友人たちは関わり方を悩んでいたと思います。
だけど友人たちの気遣いで私は、彼女たちとの関係が途絶えることなく現在に至ります。

今度は私が恩返しする番です。
今後どういう関係になるかは分かりませんが、お互いがストレスなく付き合える関係を維持できたらと思います。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村